ゼネコンマン

ゼネコンで勤める日常、建設業会、建築について

2017-10-09から1日間の記事一覧

建築士 電気室 設備計画

受変電設備 屋内型キュービクル 外部環境の影響を受けにくく機器の耐久性及び管理上の安全性に優れた方式 必要スペースは建物床面積合計の1.5%〜2.0%程度 屋外型キュービクル 機械室が不要なため、建物内スペースの有効利用が図れる 必要スペースは建物床面…

建築士 設備計画〜EPS計画〜

EPSは各階同位置が望ましい EPSが電気室の直上にない場合は、1階にもEPSを設ける 電気室から1階EPSへの幹線経路については地下ピットなどを利用する EPSは維持管理のしやすさに配慮して共用部に面して計画する EPS内部 EPSの計画例

建築士 計画の要点~空調設備計画~

空調方式一覧 空冷ヒートポンプパッケージ方式 単一ダクト方式 ファンコイルユニット方式 単一ダクト方式 個別制御が難しい イニシャルコストが高い 外気量制御、送風量制御が容易で湿度制御も可能 清浄度や静粛性の確保など高度な空気処理が可能 概要 空気…