ゼネコンマン

ゼネコンで勤める日常、建設業会、建築について

2019-02-26から1日間の記事一覧

一級管工事施工管理技士過去問(平成30年)No.30~No.44の問題と解説

No.30 給湯設備に関する記述のうち、適当でないものはどれか。 1.中央式給湯設備の下向き循環方式の場合、配管の空気抜きを考慮して、給湯管、返湯管とも先下り勾配とする。 2.中央式給湯設備の循環ポンプの循環量は、循環配管路の熱損失と許容温度降下によ…

【間接排水とは?】飲食物、医療系を扱う設備に対して排水系統の逆流を防ぐ

間接排水とは 間接排水とする目的と理由 間接排水を必要とする機器 他 間接排水の記号 間接排水のホッパーとは? 間接排水とは 間接排水とは、排水を一度、大気中で縁を切り、所要の排水口空間をとって、排水系統へ直結している水受け容器等に排水することを…

一級管工事施工管理技士過去問(平成30年)No.15~No.29の問題と解説

No.15 空調システムの省エネルギーに効果がある建築的手法の記述のうち、適当でないものはどれか。 1.建物の平面形状をなるべく正方形に近づける。 2.建物の外周の東西面に、非空調室を配置する。 3.外壁面積に対する窓面積の比率を小さくする。 4.窓ガラス…