ゼネコンマン

ゼネコンで勤める日常、建設業会、建築のことを主に書きます。

現場にスズメバチがやってきた~ハチの危険性とその対応~

事件が起きました。

スズメバチが現場の休憩所(職人さんの休憩所)に入ってきたのです。

そしてさらなる事件が、職人さんがスズメバチを窓ガラスごとぶちのめしたためにガラスがボロボロになっちゃいました。

『ガラスごとってワイルドすぎるだろ!』

ということでスズメバチが来てもガラスを割らずに冷静に対応する方法を調べてみました。

ハチの好み

ハチの好みと言えばですね。これは知ってる人も多いと思いますが、黒い服装は狙われやすいので 注意が必要です。髪の毛も狙われやすいです。 白いタオルなどを常備して、ハチがきたら頭を白いタオルで覆い隠しましょう。

香水や整髪料などの香りが強いものも要注意みたいです。 香りがハチを刺激し、攻撃されるかもしれません。

ハチが部屋に入って来たら

ガラスごと叩きのめすのはやめましょう。 こちらから刺激しなければ基本的には襲ってこないようです。

そっとドアを閉めてハチが出ていくのを待つのが得策です。 また、虫なので明るい方へ行く習性があるようです。電気を消して部屋を暗くしたら 外へ出ていきやすくなるかもしれません。

怖いけど冷静に

ハチが自分の近くに飛んできたらみなさんどうしますか?

おそらく怖くて手で振り払おうとしたり動き回たっりしてしまうでしょう。

その行動が実は危険みたいです。振り払う動作や激しい動きをを攻撃だと認識したハチは めっちゃ怒りますそして刺します

怖くても冷静に、頭を低くし、静かに避難しましょう。

もしも刺されてしまったら

万が一刺されてしまったら次の対処を行うとよいみたいです。

毒を取り除く

すみやかに毒を吸い出し、体内に残っている毒を少なくしましょう。ポイゾンリムーバーという市販の装置を使うとうまく取り出せます。また、水道水で患部を洗い流すのでもよいでしょう。口で吸い出すのは、危険なのでやめましょう。蜂の毒は水溶性のため、唾液と一緒に体内に取り込んでしまう危険性があります。

ポイズンリムーバーはこれ f:id:kentikukun:20170920152227j:plain f:id:kentikukun:20170920152325j:plain

こんなのあったんですね。初めて知りました。虫刺されなどで患部を吸引して毒を取り除く装置みたいです。 とても良さそうなので、現場に一本あってもいいかも。 小さいお子様がいる家庭には家用で備えていた方がいいかもしれません。

患部を冷やす

刺された部位を、氷のうなどで冷やしましょう。痛みや腫れをやわらげるのに効果が期待できます。

病院へ行く

病院で症状を伝え、適切な薬を処方してもらいます。痛みや腫れがひどい場合には、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤を用いることが多いとされています。蜂に刺されると、強いアレルギー反応が出る場合があります。気分が悪くなったり、全身に症状が現れたりしたら、迷わずに救急車を呼びましょう。総合病院などが無ければ、皮膚科を受診すればいいみたいです。

まとめ

ハチは8月から11月にかけて多く発生するようです。急なハチの来訪にも 対応できるように対策を心得ておきましょう。

それでは「ご安全に」