ゼネコンマンと嫁が書く

ゼネコンで勤める日常、建設業会、建築のことを主に書きます。

「ご安全に」ってみんなも使った方がいいと思う

f:id:kentikukun:20170929075122j:plain

建築工事現場では、朝も昼も夕方も場所を選ばず使えるオールラウンドな挨拶。

ご安全に!!

建築現場ではいろんな場面で使われています。

例えば

  • 朝礼の締めの挨拶として
  • KYの締めの挨拶として

締めの言葉として使うのにピッタリなんです。

言葉の響き的にも締りが良く、現場監督や職長の

「ご安全に!!!」に対して

それぞれが「ご安全に!!」と返します。

現場だと1日何回も聞く言葉です。

そんな「ご安全に」
ぜひみなさんも使ってみて欲しい!というお話です。


「ご安全に」ってどういう意味

これは言葉の通りなんですが、

怪我・事故なく安全作業でいきましょう!
っていう意味を込めて私は言っています。



しかし、現場では挨拶のように使われる言葉なので、特に意味はないのだと思います。

「おはようございます」と言われたら、「おはようございます」と返すようなものです。

「ご安全に」の由来と歴史

「ご安全に」は、その昔、ドイツの炭鉱夫たちの間で使われていた「ご無事で!(Gluckauf、グリュックアウフ)」という挨拶が由来とされているそうです。

日本では昭和28年に住友金属工業で「ご安全に!」が使われ、その後鉄鋼業界を中心に広まったそうです。

実は海外製!ドイツからきたものだということには驚きました。

安全には厳しい、日本にピッタリな言葉だと思いませんか?

最初は鉄鋼業界からのようですが、建設業界に広まったのはいつ頃だったのでしょうか?

というより、「ご安全に!」が無かった時代なんて想像できない!

そのぐらい浸透している言葉なので、建設業界の方は、みなさんもそう思われうのではないでしょうか。

そこまで使う!?みたいな使い方

建築業界では
電話に出たときの挨拶に使う会社もあります。

「ご安全に。○○建設です。」
みたいに

「ご安全に」を使ってみよう

これを言われたからには無事故無災害で
頑張れる気がするはずです。


みなさんも日常生活で使ってみましょう。

「いってらっしゃい ご安全に」
みたいな感じで



tanamiyu.exblog.jp

そうすればみなさんの思いが伝わり
みんな安全にもっと気を使うようになるかもしれない

世の中の事故が減るかもしれない

そんな想いを込めて
本日も「ご安全に!!!!!!!!」