ゼネコンマン

ゼネコンで勤める日常、建設業会、建築のことを主に書きます。

子育て支援賃貸住宅 「びゅうリエット三鷹」とは?

子育て支援賃貸住宅なるものがあるらしいので調べてみました。

「びゅうリエット三鷹」とは?

f:id:kentikukun:20180425125021j:plain

子育て支援マンションをコンセプトとした「びゅうリエット三鷹」は、「東京都子育て支援住宅認定 制度」の認定を取得しました。2 階・3 階には、東京都認証保育園・病児保育室等の子育て支援施設、 また 1 階には、子育て関連商品を扱う店舗の併設を計画しており、ファミリー層をターゲットとした 賃貸住宅です。

① 所 在 地:東京都三鷹市下連雀三丁目 45-16

② 交 通:JR中央線三鷹駅 徒歩 3 分

③ 敷 地 面 積:約 793 ㎡

④ 延 床 面 積:約 2,819 ㎡

⑤ 建 物 規 模:鉄筋コンクリート造 地下 1 階、地上 9 階建

⑥ 間取り ・戸数:2LDK・18 戸

⑦ 子育て支援施設:東京都認証保育園、病児保育室、

児童発達支援デイサービス、一時保育室、親子広場

⑧ 事 業 主 体:(株)ジェイアール東日本都市開発

(子育て支援施設運営:(株)スリーホークス、(医)千実会)

⑨ 募 集 開 始:2017 年 12 月 11 日より子育て世帯優先受付開始

(2018 年春入居開始予定)

賃貸住宅の下層に、保育園や子育て用品の店舗が併設されているようです。 子育てには、かなり便利な建物になっていますね。

「東京都子育て支援住宅認定制度」とは?

居住者の安全性や家事のしやすさなどに配慮された住宅で、かつ、子育てを支援する施設やサービスの提供など、子育てしやすい環境づくりのための取組を行っている優良な住宅を東京都が認定する制度です。

参照:東京都子育て支援住宅認定制度 | 東京都都市整備局

認定されるには定められた基準をクリアすることが必要なようです。 大まかな認定基準項目としては、

  • 立地に関する基準
  • 住戸内に関する基準
  • 共用部分に関する基準
  • 子育て支援施設やキッズルーム等の設置、子育て支援サービスの提供に関する基準
  • 区市町村からの意見の反映に関する基準
  • 管理・運営に関する基準

住戸内に関する基準は以下のように、なっており子供に対する安全性や防音性などが基準となっているようです。

f:id:kentikukun:20180425124523j:plain

認定を受けることのメリット

(1)他物件との差別化が期待 入居希望者や購入希望者が他の住宅と比較検討する際の判断材料の一つになります。

(2)認定マークの活用で広告効果や信頼度が向上 認定住宅の入居者の募集広告や販売広告の際に、認定マークを様々な媒体に活用することにより、広告効果や信頼度の向上が期待できます。

(3)東京都ホームページによる認定物件のPR 認定住宅は、東京都のホームページ等に掲載します。都民をはじめ幅広く情報の提供を行うことにより、認定住宅の認知度向上につながります。

(4)整備費の一部等に補助金の活用が可能 認定住宅が所在する区市町村から、整備費用の一部等に補助金を受けることができる場合があります。 ※ 区市町村における補助制度の有無については、問合せ先までお問い合わせください。

(5)総合設計制度及びマンション建替法を活用して容積率の緩和を受けることが可能 認定住宅は、総合設計制度等を活用して容積率の緩和を受けることができる場合があります。

参照:東京都子育て支援住宅認定制度 | 東京都都市整備局

その他の東京都認定子育て支援住宅

その他の認定物件については、新築で6件(びゅうリエット三鷹も含む)、 既存建物で、7件認定されているようです。

建物名や所在地など詳しい情報は下記をご覧ください。

東京都子育て支援住宅認定制度(認定を受けた住宅一覧) | 東京都都市整備局

新築認定物件には建設中の「(仮称)北青山三丁目地区まちづくり プロジェクト民活事業建築工事」も含まれています。

http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2018/0301_01/download/sumai/20180301.pdf

f:id:kentikukun:20180425111138j:plain f:id:kentikukun:20180425111205j:plain f:id:kentikukun:20180425111212j:plain

参照:北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト | 東京都都市整備局