ゼネコンマン

ゼネコンで勤める日常、建設業会、建築について

ゼネコンのバブル後30年、建設投資半減後に息を吹き返した理由は?

news.biglobe.ne.jp

『週刊ダイヤモンド』12月29日・1月5日新年合併特大号の第一特集は「総予測 2019」で建設業界も取り上げられているみたいです。

確かにこのところ、建設業界は景気がいいようです。震災やオリンピックの開催などいろいろ条件が重なって今の状態があると思うので、 今後どうなっていくか分かりませんが、大阪万博の開催も決定しているので今後もまだ建設投資は進んでいくかもしれませんね。

それはさておき、『週刊ダイヤモンド』の「総予測 2019」要チェックです!!