ゼネコンマンと嫁が書く

ゼネコンで勤める日常、建設業会、建築のことを主に書きます。

ダイソーの動物絵合わせカードのコスパが最高だった

うちの子供の知育玩具事情についてです。

みなさん『絵合わせカード』って知っていますか?

動物や野菜などの絵が2枚〜3枚に分割されており、同じものを合わせて遊ぶカードのことで、いわゆる『知育玩具』です。

この絵合わせカードについて 『ダイソーに売ってる動物絵合わせカード』が思いのほか良かったので、紹介しようと思います。

絵合わせカードの効果について

知育玩具ですので、以下のような効果が挙げられると思います。

語彙が増える

動物や野菜の名前などカードで遊びながら名前を覚えられることから、語彙が増える効果があります。

類推する力

バラバラのカードから一枚のものを作る遊びの過程で、一部のものから全体を類推する力がつきます。

絵を合成する力

バラバラのカードをピタッと合わせる事で絵を合成する能力がつきます。

これがダイソーの動物絵合わせカード

これが何と100円です。 おすすめの理由としては、

種類が豊富

表裏合わせて『32種類の動物』が載っています。 さらに、乗り物ver野菜verも売っています。

厚紙でできてるので丈夫

素材が厚紙なので、丈夫ですし、 絵を合わせる時にピタッと合わせやすいです。

③英語も学べる

動物の名前が『日本語と英語』で書いているので、英語の勉強もできます。

これらを総合して、とてもコスパが良いと思います。

絵合わせカードの遊び方と対象年齢

対象年齢についてですが、商品には『1歳〜』と書いてあります。

遊び方としては、

①単純に絵をみて動物の名前を言いながら遊ぶ。

②2枚のパーツを合わせて遊ぶ。

③全部のカードを広げて同じ動物の2枚のカードを探しながら遊ぶ。

④1種類の動物(2枚)プラス違うカード(1枚)を見せて、どれが正解か合わせて遊ぶ。

などなど。 遊び方は色々あると思います。

うちの家は1歳半から遊び始めていますが、全部のカードを広げて、『○○とって』というと 一生懸命探して、同じものを見つけてくれます。

全部は無理ですが、10種類くらいは探せるので、子供の語彙力の理解度を測るのにも良いですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。 何はともあれ、子供が楽しく遊んでくれてるので、 とても良い商品ですね。 ちなみに『動物絵合わせカード』以外にも『乗り物絵合わせカード』『野菜・果物絵合わせカード』も売っています。 絵合わせカードを探していた方、もう少しお金を出せば、まだ良いものもたくさんあると思いますが、100円なので、お試し感覚で購入してみてはどうでしょうか。