ゼネコンマンの現場辞典

ゼネコン、建設業会、建築、資格について綴ります

一級管工事施工管理技士 過去問【温熱環境まとめ】

平成30年 No.2
温熱環境に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1.人体の代謝量はメット(met)で表され、1 metは椅座安静状態の代謝量で単位体表面積(m2)当たり概ね100Wである。

2.人体は周囲空間との間で対流と放射による熱交換を行っており、これと同じ量の熱を交換する均一温度の閉鎖空間の温度を作用温度(OT)という。

3.新有効温度(ET*)は、湿度50%を基準とし、気温、湿度、気流、放射温度、代謝量(met)及び着衣量(clo)の6つの要素を総合的に評価した温熱環境指標である。

4.予想平均申告(PMV)は、大多数の人が感ずる温冷感を+5から-5までの数値で示すものである。

1.椅座安静状態における標準的な体格の成人の発熱量は、単位体表面積当たり 58W/m2である。 成人1人当たりの発熱量は、体表面積は約1.7m2なので58×1.7=100Wである。

平成26年 No.2
温熱環境の評価に関する用語の説明として、適当でないものはどれか。

1 met(メット)とは、人体の代謝量を示す指標である。

2 clo(クロ)とは、衣服の断熱性を示す指標である。

3 PMV は、予想平均申告といわれ、人間の温冷感を示す指標である。

4 エネルギー代謝率とは、作業時の代謝量を安静時の代謝量で除した値をいう。

4. エネルギー代謝率は、活動時の総エネルギー代謝量から安静時のエネルギー代謝量(基礎代謝量)を引き,さらに基礎代謝量で割った値。

平成24年 No.2
温熱環境の評価に関する用語の説明として、適当でないものはどれか。

1 基礎代謝量とは、一定の条件のもとにおける生命保持のために必要な最低限の代謝量をいう。

2 clo(クロ)とは、各作業強度に対する人体の消費熱量を示す単位である。

3 エネルギー代謝率とは、作業時と安静時との代謝量の差を基礎代謝量で除した値をいう。

4 met(メット)とは、人体の単位体表面積当たりの代謝量を示す単位である。

2. clo(クロ)とは、人の着衣量の単位。1クロは、気温21℃、相対湿度50%、気流0.1m/sの状況で断熱値0.155m2K/Wのことをいう。 作業強度に対する人体の消費熱量は作業強度。

平成22年 No.2
温熱環境に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1 有効温度(ET)は、ヤグローが提唱したもので、乾球温度、湿球温度及び気流速度に関係する。

2 作用温度(OT)は、乾球温度、気流速度及び周囲の壁からの放射温度に関係するもので、実用上は周壁面の平均温度と室内温度との平均値で示される。

3 等価温度(EW)は、乾球温度、気流速度及び周囲の壁からの放射温度に関係するもので、実用上はグローブ温度計により求められる。

4 予想平均申告(PMV)は、大多数の人が感ずる温冷感を+5から-5までの数値で示すものである。

4. 予想平均申告(PMV)は、温冷感を+3から-3までの数値で示す。 +3 熱い +2 暖かい +1 やや暖かい 0 どちらでもない -1 やや涼しい -2 涼しい -3 寒い

平成20年 No.2
温熱環境に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1 有効温度(ET)は、乾球温度、湿球温度、風速が人体に及ぼす実感的な温度で、同じ体感を得る無風、湿度100%のときの気温で表される。

2 新有効温度(ET*)は、湿度50%を基準とし、気温、湿度、気流、放射熱、着衣量、作業強度により総合的に評価するものである。

3 等価温度は、周囲の壁からの放射と空気温度を総合的に評価するもので、実用的にはアスマン通風乾湿計により求められる乾球温度と湿球温度の平均で表される。

4 予想平均申告(PMV)は、人の温冷感を示す指標で、0に近くなるにしたがって、予想不満足者率(PPD)も減少する。

3. 等価温度は、実用上ではグローブ温度計により求められる。