ゼネコンマンの現場辞典

ゼネコン、建設業会、建築、資格について綴ります

足場の養生メッシュシート1類・2類の違いと基準は?工事によって使い分けよう

足場のメッシュシートって1類2類があるけどどう違うの?

1類と2類の違いはメッシュシートの強度です。詳しくみていきましょう。

メッシュシートの1類と2類の違いは?

結論からいうと、メッシュシートの1類と2類の違いはその『強度』にあります。

建築工事用シートの1類・2類は日本工業規格(JIS)の認定基準JIS A8952に基づいて定められています。

主に1類は飛来落下物による危害防止に使用するもので引張強度68.6KN以上、2類シートは改修工事や戸建住宅向けとして使用され、金網等と併用することを前提とした引張強度0.59KN以上のシートのことをいいます。

1類と2類とでは、強度にとても大きな差があります。

さらに1類は重量4.8kgの足場用鋼管を4mの高さから自由落下させ貫通しないこと。

2類は重量2.7kgの足場用鋼管を3mの高さから自由落下させ貫通しないこと。

という基準もあります。

たしかに戸建て住宅などで、使われているものは薄い気がします。オーバースペックのメッシュシートを使っても無駄なので適材適所というわけですね。

種類によって違うシートの強度や充実率

規格認定されているものであれば、引張強度は満たしているので、問題ありません。

同じ1類のシートの中でも充実率、風力係数はメーカーや種類によって違うのでよく確認するようにしましょう。

これらの値は風荷重に対する足場の検討に使用される値となります。

参考: https://www.nihonsafety.com/products/curing-mesh-sheet/

仮設工業会認定のメッシュシート取扱会社

仮設工業会に認定されているメッシュシートの認定会社は下記になります。

IMSテクノ株式会社
キョーワ株式会社
大嘉産業株式会社
株式会社チサト
日本ウェーブロック株式会社
東山産業株式会社
平岡織染株式会社
明治商工株式会社
モリリン株式会社
日本セーフティ株式会社