ゼネコンマン

ゼネコンで勤める日常、建設業会、建築のことを主に書きます。

ゼネコン ランキング まとめ

ゼネコンについて様々な観点のランキングがあるので
まとめてみました。
f:id:kentikukun:20180410071922j:plain

世界のゼネコンランキング

www.sbbit.jp
少し古いデータですが、なんと1~4位を中国企業が独占しています。
これは、中国国内の建設投資がとても大きいことが理由であり、国内の建設費が多くを占めています。



5〜8位はVINCE(バンシ)を始め、ヨーロッパの企業が名を連ね、9位にはアメリカの企業が入っています。

日本の企業では、18位に大林組が出てきて、21位清水建設、22位鹿島、24位大成建設となっています。

日本ではスーパゼネコンと言われている国内では売上げがトップの企業でも、世界相手となると上には上がいます

日本の企業も積極的に海外に進出していますが、売上からみると海外の企業とは
まだまだ、差があるというところです。

売上高

1.大林組 17,778億円
2.鹿島 17,427億円
3.清水建設 16,649億円
4.大成建設 15,458億円
5.竹中工務店 12,843億円
出典:建設業界 売上高ランキング一覧-業界動向サーチ

海外売上高

 大林組 4497億円

2.鹿島 4025億円
3.清水建設 1835億円
4.竹中工務店 1461億円
5.大成建設 293億円

発注者の好感度ランキング

 竹中工務店

2.鹿島
3.清水建設
4.大林組
5.大成建設

出典
kenplatz.nikkeibp.co.jp

発注者の好感度は、ゼネコンにとってはとても重要になることです。
発注者からの信頼を得ることで、その発注者からその他の工事を続けて受注することができたりするからです。

発注者からの好感度が高いゼネコンとは
どういうゼネコンなのでしょうか。
○工期通りに完工する

○品質的に不具合のない建物を施工する
といったところは当たり前のことになるます。

その他には

○発注者からの要求に対するレスポンスが早い

例えば、建物を施工していく上で、建物の一部を変更するようなことは多々あると思います。

そこで、その変更に対する、見積もりや施工における問題点などを素早く提示してくれたら、発注者にとってはありがたいし、好感度があがるのではないでしょうか。

その他にも様々な要求があると思いますが、その要求に対するレスポンスが早い事は好感度につながるのではと考えます。

○建物が完成した後の対応が良い

建物は、完成したら終わりではなく、発注者にとっては完成したところからが始まりです。

様々なメンテナンスや、実際使ってみたら不便である事も出てくるかもしれません。

その時に、素早く丁寧に対応してくれたら、発注者にとっては信頼できる企業になるのではないでしょうか。

社員数(単独)

1.清水建設 10,900名
2.大林組 8,300名
3.鹿島建設 8,200名
4.大成建設 8,100名
5.竹中工務店 7,500名

出典:ハウスメーカーとゼネコンの社員数ランキング

スーパーゼネコンともなると、かなり多くの従業員がいます。

もちろんこの人数は、工事現場に出ている土木・建築系の社員だけではなく、
事務系、営業、設計などの職種の人数も含まれています。

もちろん会社にもよりますが、近年の採用人数から見る、文系:理系=1:5ぐらいの人数になっているようです。

勤続年数

1.竹中工務店 19.8
2.大成建設 18.8
3.鹿島建設 18.3
4.大林組  17.2
5.清水建設 16.9
出典:建設業界 勤続年数ランキング一覧-業界動向サーチ

勤続年数と平均年齢は、会社の激務度の指標に使われることがあります。

勤続年数が高い=離職率が低い

ということです。

上記ゼネコンの勤続年数は、17〜20年という値になっています。
これは高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか。

建設業以外も含む上場企業の勤続年数が高い企業500社を対象にすると、その平均は13.6年になるようです。

全企業の平均からすると、かなり高い数値になっていますが、大成建設の18.8年で348位(竹中工務店は上場していない)となっており、ランキングで見ると少し下位の方にいます。

ちなみにゼネコンでいうと、佐田建設(群馬県に本社を置く地方ゼネコン)が24.9年で2位にランクインし、
その他にも何件かランクインしており、
スーパーゼネコンの勤続年数が特別高いという事はないようです。

特許資産規模ランキング

出典パテント・リザルト、ゼネコン特許資産規模ランキングを発表 | 住宅・不動産ニュース:業界動向:新建ハウジングDIGITAL(新建新聞社)
各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価したものらしいです。

1.大成建設 5331.5pt
2.鹿島建設   5063.4pt
3.大林組 4183.3pt
4.清水建設 3398.9pt
5.竹中工務店 3310.7pt

創業

1.竹中工務店 1610年
2.清水建設 1804年
3.鹿島建設 1840年
4.大成建設 1873年
5.大林組  1892年

こんなランキングもありました

建設・不動産業界で働く20歳以上の2000人を対象にしているようです。
出典:
ゼネコンランキング調査、入社すすめたいトップは清水建設 | 住宅・不動産ニュース:市場:新建ハウジングDIGITAL(新建新聞社)

実は入社したかった会社

1.鹿島建設
2.清水建設
3.竹中工務店
4.大成建設
5.大林組

学生に入社をオススメしたい会社

1.清水建設
2.鹿島建設
3.大成建設
4.大林組
5.竹中工務店

先進的な技術を持ってると思う会社

1.鹿島建設
2.清水建設
3.大成建設
4.大林組
5.竹中工務店

デザイン力が優れていると思う会社

1.竹中工務店
2.清水建設
3.鹿島建設
4.大成建設
5.大林組

女性が活躍していると思う会社

1.清水建設
2.鹿島建設
3.大成建設
4.大林組
5.竹中工務店

イクメンが多いと思い会社

1.清水建設
2.鹿島建設
3.大成建設
4.大林組
5.竹中工務店